キャンプを初めてした結果感じた、キャンプの想像と現実のギャップ

【PR】プロモーションを含みます。

当ブログは、Googleアドセンスによる自動広告の配信およびアフィリエイトプログラムの商品広告を掲載しています。

普通自動二輪免許を取得してから車を所有していた頃は、所謂『ペーパーライダー』or『休日ライダー』でしたが、車を手放しバイクに本格的に乗る様になると必然的に『バイクを利用した遊び』をしたいと考える事が増えました。

『バイクを利用した遊び』の一つとして思い付いたのが

キャンプツーリング

漫画 タッチ/あだち充 26巻
より画像引用

バイクの免許を所有する前から↑の画像の様に『バイクで旅』ってカッコいいと考えていた、管理人なのでバイクに本格的に乗る様になって『キャンプツーリング』という物に興味を持つのは必然だったのかもしれません。

キャンプツーリングに興味を持った理由で一番大きかったのは以前乗っていた『マジェスティS』にリアボックス・トップケースを付けた事にあるんですが。

それまでバイクにリアボックスというのは『オッサン臭くてないわ〜』と考えていましたが、いざつけてみると『旅バイクっぽくてカッコ良くね?』→からの、旅バイクといえば『キャンプでしょ〜』という発想→からの、上で紹介したタッチの新田くんがバイクで旅している姿を思い出す。

そうだ、いつかはバイクでキャンプをしよう!!

から、月日が流れて

バイクを乗り替えてようやく行動に移した次第でございます。

思い付いてから、実行に移すまでに随分と時間がかかったのは管理人の『後回し癖』と『面倒くさがり』というものが原因だと思います。笑

が、なんにしても『バイクで旅ってカッコ良くね?』という漠然とした目標を達成して感じたものは、、、

キャンプは楽しい。楽しいは楽しい。けど、想像していたのとなんか違くね?

子供の頃からインドアは(主にテレビゲーム)だった自分は過去にキャンプというものをした事がなかったです。(正確には既設のテントに1度宿泊した事がありはしますが。)

なので、キャンプというものに対して壮大なものと勝手に想像していました。

『キャンプ=豪華な野宿』という間違った?イメージ

キャンプを実際にする前の自分が持っていた『キャンプ』というもののイメージは

間違ったキャンプへのイメージ①

気ままにツーリングする

綺麗な場所・いい感じの場所を見つけて『今日はここでキャンプするか』

適当な場所でテントを張り、地元の物を食べて1晩を過ごす

所謂『野宿』的なもの

間違ったキャンプへのイメージ②

ある程度キャンプ場の場所・目星を付けてそっち方面にツーリング

いい感じのキャンプ場じゃん『今日はここでキャンプするか』

途中で買った食材を適当に焼いて食べつつ、1晩を過ごす

フラッとキャンプ場に行って気軽にキャンプするというイメージ

でしたが、実際にしてみたら、、、

実際に『キャンプ』をしてみて感じた事、『ホテルで良くね?』

↑安い肉でも雰囲気効果で美味さマシマシです

キャンプ自体は楽しかったんですけど(色々とグダグダでしたが。笑)

楽しかったんですけど、、、

それに至るまでの準備を考えると『ホテルでベッドで寝るか』と『テントで寝袋で寝るか』の違いしかなくね?と感じなくもなかったというのが正直な感想です。

  • 焚き火→綺麗だし・楽しい
  • 外で適当に食材焼いて食べる→雰囲気込みで美味さ倍増
  • ぼんやり海or星を眺める→のんびり出来て楽しい
  • テント・寝袋で寝る→多少寝苦しかったけど、楽しい
  • バイクにキャンプ道具を積む→カッコいい

いつもと違う感じを味わう事が出来たのでキャンプ自体は楽しかったですし、なによりキャンプ道具を積んで走ってる時の『旅してるわ〜自分』って自分に酔えるのが最高に良かったんですけど、、、

  • キャンプ場をかなり前から予約を入れる
  • チェックアウト的な時間も決まってる
  • 人が多くて結構賑やか
  • バイクを止める場所が、、、

と、どれもキャンプ場の場所にもよるんでしょうけど、、、

『ホテルの予約と違いなくね?』と、、、

イメージしてたキャンプ場って予約とか無しに行って受付して適当にテント張ってってイメージを持ってたんですが(最低限のマナーやモラルは当然として)

予約→区画も決まってる→出なきゃ行けない時間も決まってる

って、想像していたものと全然違って不自由

キャンプってもっと自由なイメージを持っていただけに(しつこいけど最低限のマナーやモラルは当然として)ちょっと残念な気分になりました。笑

先ほども書きましたが

『ホテルでベッドで寝る』か『テントで寝袋で寝る』かの違いしか感じなかったので、それなら『ホテル』でも良くね?と

自分の経験値不足からくる感想なので、もっと回数を積み重ねれば『うは〜キャンプ最高!!』となるのかもしれませんが、、、

キャンプは気軽に出来ない

『キャンプ場を予約』というのが個人的にはハードルが高い。笑

『キャンプ場を予約→その日は絶対にキャンプに行かなきゃじゃん』となる精神的なストレス。

晴れたら行こう

テンションがキャンプの気分なら行こう

と、もっと気軽に出来るたら良かったんですが、、、

コンスタントに連休が取れないとキャンプは難しい?

管理人休日事情から感じた感想ですが、キャンプは『定期的に連休がある人』じゃないと難しいと感じます。

管理人の職場の休日は水曜・祝日が基本休日で、普段はほとんど連休が取れません。

有給休暇も気軽に取る事が出来ない職場です。(勝手に消化されている)

連休が取れるのは盆と年末年始のみです。

定期的に2連休・3連休が取れる人なら定期的にキャンプを楽しむ事ができると思いますが、連休が取れない場合はかなり難しいと思います。

仕事が終わってからキャンプも考えましたが

  • 仕事を終えてからではキャンプ場に入れない場合が多い
  • 入る事が出来てもゆっくりキャンプを楽しめない
  • 残業や休日出勤の可能性を考えるとキャンプ場の予約を取りづらい

などと、なにかと障害が出てきてしまいました。

結論:連休が滅多に取れない人はキャンプは諦めて『ホテル』を利用したツーリングが無難

キャンプは『非日常』を感じる事が出来て楽しいです。

が、キャンプは想像以上に気軽に行う事が出来ずに、キャンプをするには何かとハードルが高いです。

コンスタントに連休が取れない人は泊まりでのキャンプは諦めるしかないと思います。

また連休を取る機会あって『キャンプをしよう』と計画する場合は常設テントやバンガローなどを利用し、キャンプ道具もレンタルで済ませる方が良いと思います。

コンスタントにキャンプをする機会があるのなら道具を揃えた方がなにかと便利かと思いますが、キャンプを年に数回するかしないかという場合は道具を揃えても使う機会が少なすぎて勿体無い感じに終わってしまうかもしれません。

↑安物ですが、使う機会がなく埃をかぶってる状態なのはなにかと残念です。

連休が取れないけど旅ツーリングをしたいと考える場合は

『仕事終わりに出発→ホテル等の宿泊施設を利用』

を検討してみてください。ホテル利用での旅ツーリングもなにかとゆっくりならないと思いますが、キャンプよりは現実的かと思います。